フォト・短歌・俳句コンテスト結果発表

令和2年第13回
フォト・短歌・俳句コンテスト
結果発表

コンテストに多数のご応募ありがとうございます。
厳選なる審査の結果、次の作品が入賞となりました。
おめでとうございます。

選 如水館高校・世羅高校 元教諭 上村  純治
万汐農園代表 濱浦 志保香

2020『短歌コンテスト』お礼の言葉

選評

 応募数が少ないこともあって、残念ながら入選作品は該当がありませんでした。

 いきなり短歌を詠めと言われても、初心者にはなかなか難しい課題でしょう。俳句に比べ、短歌の応募数が上がらないのも、その辺に原因があるのではないでしょうか。常日頃から短歌に親しみ、歌心が生じたら、五七五七七の三十一文字に並べてみましょう。

短歌も一期一会です。また新しい人生の楽しみに出会うかもしれません。短歌ができたら、そこで終わりではありません。推敲すれば、一段とあか抜けた作品になるでしょう。

  • 梅の香を浴びて歩みし萬汐園 逝きしたらちね笑顔しのびて
応募者 政池 正治

 

  • 春風に誘われ歩む満汐園 梅一輪と君を重ねん
応募者 渡辺 真理
  • 風はまだ冷たいけれどよく晴れて 梅の花咲く人の声咲く
応募者 手塚 優

 

2020『俳句コンテスト』お礼の言葉

選評

 応募作品も多く、特に金・銀・銅賞は、いずれも甲乙つけがたい秀句で、選考に悩みました。優れた句歌を投稿していいただき、感謝申し上げます。

 一人で十句以上も作っていただいた方がいらっしゃいました。しかも出来栄えが素晴らしく、その中でできるだけ入選の重複を避けたいとの思いから、一人一句に絞りましたが、選考から外すのが惜しい句がたくさんありました。

 入選者には常連の作者の方もいて、この満汐梅林の名声とともに、俳句の輪があたかも梅花が少しずつ地に根を張るように協賛者が増えつつあることを歓びたいと思います。ありがとうございました。

  • 今日一日 俗世を離れ 梅見かな
応募者
山本 恵子
  • 紅梅の 下枝にむすぶ 祈願かな
応募者
阿地部 エミ子
  • 散り初めし 花のいのちの いとおしさ
応募者
匿名 希望
  • 梅が香よ 想い届けて 片の恋
応募者
政池 正治
  • 千本の 梅に惹かれて 山の人
応募者
古志 隆彦
  • 花びらの 我はここぞと 春の舞
応募者
匿名希望
  • 梅が香に 母の笑顔と 仏様
応募者
なでしこ
  • 神々の 見守る道と 梅の空
応募者
池田 豊子
  • 梅の花 香りは空への 道しるべ
応募者
みっちー
  • 梅まつり コロナウィルス 飛んでいけ
応募者
三浦 春美
  • 見上げれば ぱっと広がる 梅の海
応募者
小笠原 璃弥
  • 梅放つ 気品と優美 備えたい
応募者
竹本 敬子
  • 天空の 女主人や 枝垂梅
応募者
髙堀 煌士
  • 新婚の 梅の香が 心地よく
応募者
匿名希望
  • 凛として におい放てり 梅林
応募者
皿海 隆子

2020『フォトコンテスト』金~銅賞

 写真も一期一会です。カメラの機能が向上し、誰でも美しい写真が撮れるようになりました。

 梅はなかなか難しい素材です。梅の樹だけの写真を投稿していらっしゃる方がいますが、そこに人や動物を取り込み、動的な視点を組み入れると、写真がより一層引き立つと思います。

 梅+人(家族・友達など)・動物・仏像・青空などを取り込んで、あらゆるアングルで撮影してみてはいかがでしょう。腕の見せ所ですね。

金賞
応募者:津森 由香里
撮影日:2020年3月
.
.
勲章一席
 
 
銀賞
応募者:竹下 慧理香
撮影日:2020年2月
【コメント】
息子は初めての梅の花に大喜びでした。いい表情を撮れたので応募します。来年も家族で見に行きたいと思います。
 
 
銅賞
応募者:中西 信之
撮影日:2020年3月6日
【コメント】
お母さんと一緒に楽しみながらの
撮影。

『フォトコンテスト』入選

 

岡本 卓也

佐藤 秀基

手塚 優

石橋 翔太

竹下 慧理香

 

牧本 敏秀

藤原 敏明

 


フォトコンテストご応募ありがとうございます。

取扱い商品

item